慶應義塾大学飯盛義徳研究室 > プロジェクト > スローシティプロジェクト

スローシティプロジェクト

本プロジェクトでは、イタリア・オルビエートなどが発祥である”スローシティ”の考え方を基に、”スローフード”や”アルベルゴディフーゾ”などの考え方も取り入れながら、まちのあり方について研究をしています。
*スローシティとは…地域にある農産物や、市民の生活・文化・歴史などを大切にして、そのまちの個性を活かす国際的な取り組みのこと
現在は、日本で数少ないスローシティとして認定されている前橋・赤城や、古い町並みの残る佐原、またSFCのある藤沢をフィールドとして、日本でのスローシティの取り組み方について調査・研究しています。