慶應義塾大学飯盛義徳研究室 > プロジェクト > カフェプロジェクト

カフェプロジェクト

カフェプロジェクトとは、2021年4月から始まった、飯盛研の中でも比較的新しいプロジェクトです。コミュニティカフェやサードプレイスなど「居場所」を考察していくために立ち上がったプロジェクトで、カフェという一種のサードプレイスを交流拠点として、地域を盛り上げることを目指しています。

カフェプロジェクトは、次の4つの班で編成されています。
①大井町(PARK COFFEE)班
昨年10/17に大井町にオープンしたカフェ『PARK COFFEE』において、「大井町の人をつなげて新たな魅力づくり」「1人の個人として認められるカフェづくり」を目指しています。ワークショップ・イベントの企画・運営がメインの活動です。

②インタビュー班
「カフェ(サードプレイス)を交流拠点として、地域を盛り上げる上で必要な要件を探るヒントを見つける」ことを目的にして取り組んでいます。飯盛研OBの方や全国展開しているカフェの実地調査(予定)などを行っています。

③SNS班
SNSを使って飯盛研にしかできない独自のコンテンツの発信をするべく、コンテンツ設定・SNSマーケなど運営全般を行っています。現在は、湘南台のカフェをテーマにInstagramを運営していますので、良かったら見てみてください!

④輪読班
カフェや居場所に関する論文を扱う輪読会を月に1回のペースで開催しています。